太陽光、エコ電気ゼロ円をめざそう

 

私達に出来る節電

ここは、何処だと思いますか?

銀座の夜景です。きれいですね・・・、と誰でも思います。

 

今の電力会社は、企業努力により電気料金の低減を図っているようですが、グローバル的にみても実績が上がっている電力会社は無いようです、残念なことですが。

 

しかし、これは、今後企業間競争により、今後明白になってくるでしょう。
まだ時間が掛かるでしょうが。そう、期待するしかありません。

 

その反面、消費者はどうでしょう、電気量を以前と変わらず消費していれば、やがて、浪費から資源の枯渇に繋がります。大変な事です。

 

そこで、消費者側の重要な義務は、電力の節約です。
これだけ文明の利器が溢れてくると、現代人の感覚は麻痺となり、震災等により生活環境が崩れて、初めて不便さを感じ電力の大切さを感じます。今も東北の人達は、不便さを感じていることと思います。

 

銀座の夜景

 

 

 

私達は、必要以上に電気の恩恵にあずかっておりますね。

 

どうでしょうか?

日々、私たちが何気なく当たり前のように使う家電で比較してみます。

 

家電の節約

————————————– 円/h  円/日  円/年   円/10年 —–

冷蔵庫   420L (エコ)   0.7   17    6,205    62,050

エアコン   710kw     19.2   10    3,650       36,500

テレビ       40型             2.1        11       4,015      40,150

10年というスパンでみると、凄い節約になります。

 

電気代というのは、1時間単位で考えるとほんとに僅かですが、節電をするか否かで、長いスパンでの電気量消費に大きく変わります。
是非、考えなくてはならないことです。

 

資源となる自然、つまり地球の歩みは10年、100年単位です、人間もこの歩みに少しでも合わせる必要があります。
自分の世代から、子どもの世代へと引き継いでいくことを認識していきたいです。

 

決して、気の遠くなる人生の先の話などと思わないでください。
人生平均寿命で考えても、人生八十年はあっという間ですよ。
子ども達にエネルギーのバトンタッチです。

目の前には、輝く子ども達の顔が浮かびます。
頑張っていきましょう。

 

思わず飛出したくなる青空です、壮大な空間です。人間が小さく見えます。そして、これは太陽からの自然エネルギーの授与です。

 

こんな事がありました。

YAHOO JAPANにすばらしいニュースがアップしました。

  電気代タダの「オフグリッド」のニュース

(東京都内の公営住宅の団地にお住まいのFさんのお話です)

電気を節電に次ぐ節電で、電力会社との契約を解除し、「オフグリッド」
生活をされているそうです。

 

*「ソーラーグリット生活」とは
電力会社の送電網に頼らず、電気を自給で賄っていく生活のことです。

 

Fさんのきっかけになった事は、あの記憶に新しい東日本大震災だったそうです。

皆さんの記憶に残っている、福島の原発の建屋が吹き飛ぶ衝撃的lなニュースです。
あんなにも危険なものがあるのかと驚き、福島の皆さんの痛みを感じ、少しでも力になりたいと考え、そこでご自身で出来ることは何かないかと思い考えた末の発想だそうです。自然エネルギーの活用です。

 

そこで、最初はソーラーパネルを取り付けたそうです。
それは、パソコン1台が賄えるくらいの僅かな発電量だったそうです。

 

それからは、節電に努め、電気掃除機を止め、はたきとほうきに切替、夜は、照明を節約し、その結果、電気料金が1000円を切るまでになったそうです。        ここまででも凄いです。
はたきとほうきは、現代人が忘れてしまった郷愁です。

 

逞しい努力ですね、敬服いたします。
そして、冷蔵庫無しの生活に一年間挑戦した結果、

「電力会社との契約を解除」

「オフグリット」生活をスタートさせたそうです。
平成28年の都内でのお話です、すばらしいですね。
それからも、もちろんソーラーパネルは増設されたそうです。
太陽からの自然エネルギーを受けることのすばらしさ。

文明の電気器械に囲まれた私達の生活からは、その生活の様相は気になります。

夏場の暑さ対策はどうされたのか、
食品の管理はどうされたのか、
湿気対策はどうされたのか、

 

興味は尽きないですが、都会で電力会社と縁を切り、
エコエネルギーでの生活には万来の拍手を送りたいですね。

 

私達の前に、エコエネルギーを考えていた先駆者がいたのです。生活の観点から考え
実行していたのです!

今は、「ソーラー女子」でのHPを立ち上げているそうです。
是非、拝見したいです。

 

 

洒落にもなる、明るい、明るい電気のニュースです。

エコエネルギー、東日本大震災を皆さんも忘れていませんか!

今からでも遅くはありません、自然エネルギーに挑戦して行きましょう。

 

自宅や集合住宅の屋根が、全て太陽光の受皿になるんです。

人生に、家庭に、希望溢れる楽しい目標になります。

頑張りましょう。

また、各自治体ではソーラー発電に補助金制度を設けております。これは、是非利用して計画を立ててみてください。まずは、現状からのコストカットです。

皆様のご活躍をお祈りいたします。

ここまでお読み頂き有難うございました。

 

その入り口をこちらにご紹介いたします。

住宅用でお考えでしたら


産業用にお考えでしたら