旅の疲れの取り方は

I came back to Japan.

日本に帰ってきた。

 

お疲れ様でした。

旅から帰って、「あゝ、疲れた」となります。

誰でも普通の人間であれば当たり前です。

そして安堵感からか、自宅に帰るとへたり込みます。

旅行バックを自宅の上がり縁に投げ込み、ソファーに倒れこみます。

やっと辿りついた我が家といった想いですね。

しかし、ここで倒れこんでは旅の疲れは取れません、

疲れは取れるどころか、旅の思いがどっと全身に襲ってきます。

このままでは・・・。

帰国後から一週間は重い身体を引きずって過ごさなければなりません。

 

まず入浴について

それではどうしたらいいですか、

帰宅したら、お風呂に入って下さい、シャワーではなくお風呂です。

身体の新陳代謝、血行を促進してください。

酷使した身体を癒して上げてください。

食事については

その食事ですが、お風呂の前にとってください。

胃に負担を掛けたくありませんね。

でも、その食事ですが、旅行で疲れているのに食事の支度は無理です。

そんな過酷?な事はお勧めいたしません。

出来れば外食で済ます方をお勧めいたします。

外食は一寸苦手でね、といわれる方は、

スーパーやコンビニでお弁当等を用意するほうがいいですね。

また、その食事ですが、少し気配りをしてください。

つまり、疲労回復に繋がる食事が出来ているかどうかです。

それでは、どのようなものかといいますと、

疲労回復に適するものは、豚肉料理、卵料理や鳥の胸肉料理等がいいですね。

そして、野菜ではトマトが最適です、デザートにチョコレートもOKです。

これで、身体に栄養の補給は大丈夫だと思います。

 

睡眠について

後は、おやすみになる時間ですが、これも大事です。

睡眠を旅行前の日常の時間帯に合わせることです。

時差のある所からの帰国ですと、到底眠れません。

しかし、強制的にも身体を適合させる必要があります。

アイマスクや耳栓等で対応してみてください。

次第に身体もなじんでくると思います。

そして

翌朝、多少の違和感は残ると思いますが、

身体は順応してきます。

これで、計画的に旅の疲労はとれると思います。

また、次ぎの楽しい旅へのスタートにしてください。

人生のオアシス、癒しに旅がプラスになることをお祈りいたします。

この方法は、私の少ない経験とCAさんたちの経験談をまとめてみました。

世界を数日で飛び回るCAさんたちのお話ですから参考になると思います。

ここまで、お読み頂きありがとうございました。

再びのすばらしい旅をお祈りいたします。

 

 

 

それでも疲労回復は、

といっても、疲労回復はなかなか抜けてくれません、そんな方にお手伝いする方法があります。サプリメントの力を借りてみるのも一つの方法です。

現代人は、何かしらのサプリメントを愛用しています。それで日常の生活バランスをとっています。旅から帰っても、仕事はゆっくりと待ってくれません。

手助けになるサプリメントを紹介しておきます、参考にして頂ければ幸いです。



とにかく疲れをなんとかしたいあなたに【ステラの還元型CoQ10プラス】

旅の疲れが取れれば、やはりその時の興奮は、思い出と共に沸きあがってきます。人生のオアシスですね。

やはり、次ぎの目標として、旅のご案内をしておきます。

早すぎますか?

お買い得♪海外ツアーが満載!!【Tポイントが貯まる!!】Tトラベル